Tokyo残業女のほぼ韓国時々東京の雑記帳

(^_^) A story of a woman who works hard in Tokyo. 東京で残業しまくっているアラサー女子のライフログです。拗らせ系コミュ障のため塩対応すみません。韓国系が多いのですが #韓国が好きな人と繋がりたい わけではないんです。

myself 雑談

友達との時間は「自分」に戻るのに効果的

投稿日:2017-10-01 更新日:

こんばんは。

この週末は、久しぶりに学生時代の友達と会いました。

一緒にランチして、ちょっとだけショッピングして、お茶して、早めに帰る。

学生のときは、昼から待ち合わせしたら夕食も一緒に過ごしていたけど、
アラサーにもなるとお互い無理しないペースで過ごすことの方が多くなりました。

昨年まで、朝から晩まで・土日返上で仕事づくしだった私。
まさにブラックな部署のブラックなチームにいたわけですが、
そんなころは友達と過ごす時間なんて皆無でした。

仕事が面白かったからこそそんな働き方ができたわけですが、
その時期は友達と会っているときも、頭の中から仕事が消えることはありませんでした。
そしてそのときはそれでいい・それがいいと思っていました。

過去の投稿で言っていることと同じになってしまいますが、
仕事100%の生活を続けていたら、
「仕事としてはこれが正解・こうするとより良い。けど、私自身はどれがいい?どれが好き?どうしたい?」
ということがわからなくなってしまいました。

1年経って仕事が変わり、少しずつ余裕ができてきた今。

久しぶりに友達に会い、
損得勘定無く、メリットの有無で考えることなく、
答えのない他愛のない話をすることで、
「私はこういう人だったかもしれない」「私はこういうのが好きかもしれない」
と、少しずつ自分のピースを集められた気がします。

社会には何も貢献していないし、何も利益にならない時間ですが、私自身には大切な時間。

「誰かのため」「会社のため」「社会のため」「お客様のため」ではなく、
「自分のため」も、とても大切だな、「自分」があってこその「自分以外の世界」だな、と
漠然と思いました。

またも概念のお話であまりうまく伝えられないのですが…
私がわからなくなってしまった「自分自身」のピースを、
少しだけ集めることが出来たかなと思いました。

ちなみに。

私を取り戻す術として、気が向いたときに日記(というよりメモレベルですが)を書くようになりました。
成功している人は日記を書いているイメージがあります。
学校の宿題の日記は続いたことがないけど…

無理しないペースで書いてみようと思います。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-myself, 雑談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ぐうたらOLの春分の日

こんにちは。 残業続き&無趣味&仕事しすぎて意思行方不明な Tokyo残業girlです。 春分の日の今日もダラダラしています。 というより子宮が痛くて動く気になれません…。 今日は …

アラサー残業girlが痔になったお話-4(発症2週目)

こんにちは。   今日は、痔になって2週目の様子をお届けします。   Contents / 目次1 24時間、痔を感じてる2 午後は落ち着く痔 24時間、痔を感じてる 2週目も、基本的には24時間痔の …

no image

はじめまして

はじめまして。 東京でOLをしていますTokyo残業Girlと申します。 社畜のように働きサービス残業をしまくっていた経験があり、 今でも残業しがちな傾向がありますが、 巷のキラキラ女性のように 「オ …

【大邱観光】大邱ひとり旅!アプサン展望台(앞산전망대)/インスタ映えピルボックスが大邱にもあった!

こんにちは。 2019年1月に大邱&ソウルへ行った韓国旅行レポです。 ★2019年1月の韓国旅行レポはこちら★【大邱カフェ】salon de the claire(韓国読み:サロンドデクレル/ …

no image

トッケビ #6 あらすじ

はい。 ゆるっとトッケビあらすじ書きますw     家でトッケビを大量のろうそくを用意して呼び出すウンタク。 ウンタクを避けるトッケビに対して怒るウンタク。   ステーキ …