Tokyo残業女のほぼ韓国時々東京の雑記帳

(^_^) A story of a woman who works hard in Tokyo. 東京で残業しまくっているアラサー女子のライフログです。拗らせ系コミュ障のため塩対応すみません。韓国系が多いのですが #韓国が好きな人と繋がりたい わけではないんです。

摂食障害

摂食障害を乗り越えたお話 2<期間>

投稿日:2018-06-17 更新日:

摂食障害を乗り越えたお話 1 はこちら

こんにちは。
Tokyo残業Girlです。

 

前回に引き続き、愛すべき私の黒歴史♡摂食障害について書いていきたいと思います。

 

高校2年生、私が「もしかして摂食障害かも…」と思ったとき。

当時インターネットで得た情報では、
摂食障害が治るまでには、「摂食障害になるまでにかかった時間の倍はかかる」と書いてありました。

 

愕然としました。

 

「こんなにつらい思いを、あと何年もしなきゃいけないのか…」と。

 

中には、「食べたいものを思いっきり食べて、案外太らないものだなと気づいた」
と言ってすぐ治った方もいるようです。

 

人によって症状も完治期間も様々ですが、
私はたぶん本当に倍くらいかかりました。

 

★私の場合の摂食障害の期間

振り返ってみると、16~23歳くらいまでが摂食障害でした。

 

拒食と過食をひと通り発症するまでが、高校1年秋~3年の2年ちょっと。
過食中心でありつつも、本当に少しずつ少しずつ
過食する回数・量が減ったのが大学4年間。

 

新社会人のときも接待に駆り出され食べる機会が多く、
太っているのをネタにされ残り物を全部平らげる係をしていました。

社会人3年目くらいからは、過食に怯えながらも
普通に食べれるようになっていました。

 

というか…

今、これを書くまでずっと「過食気味なんじゃないか」とまだ怯えていました。(^^;)

 

「私は食べることにコンプレックスがあり、いつも過食気味だから太ってるんだよね」
と、自分で自分を洗脳していたみたいです。

 

この記録を書くことで、
「なんだ、私治ってるじゃん!」って、やっと気づきましたw(今かいw)

 

見たくない過去と、10年以上経ってやっと向き合えたのかもしれないですね。

楽しく美味しく食べられるまで時間はかかるかもしれない、
でもあなたにも光が差す日は絶対に来ます。
大丈夫!

短いですが今日はここまで。
​ 
 

摂食障害を乗り越えたお話 1<イントロダクション>
摂食障害を乗り越えたお話 2<期間>
摂食障害を乗り越えたお話 3<布石>
摂食障害を乗り越えたお話 4<いよいよ沼に入る編>
摂食障害を乗り越えたお話 5<拒食症>
摂食障害を乗り越えたお話 6<過食症>
摂食障害を乗り越えたお話 7<どん底から浮上するまで>

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-摂食障害
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

摂食障害を乗り越えたお話 7<どん底から浮上するまで>

こんにちは。 Tokyo残業Girlです。 引き続き私の愛すべき黒歴史♡摂食障害についてお話しようと思います。   ここから先は、読んでいただく前にこちらご一読ください。 ★いまが摂食障害の …

摂食障害を乗り越えたお話 6<過食症>

こんにちは。 Tokyo残業Girlです。 引き続き私の愛すべき黒歴史♡摂食障害についてお話しようと思います。   ここから先は、読んでいただく前にこちらご一読ください。 ★いまが摂食障害の …

摂食障害を乗り越えたお話 5<拒食症>

こんにちは。 Tokyo残業Girlです。 引き続き私の愛すべき黒歴史♡摂食障害についてお話しようと思います。   ここから先は、読んでいただく前にこちらご一読ください。 ★いまが摂食障害の …

摂食障害を乗り越えたお話 1<イントロダクション>

onclick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘linkclick’, ‘click&#82 …

摂食障害を乗り越えたお話 3<布石>

こんにちは。 Tokyo残業Girlです。   引き続き私の愛すべき黒歴史♡摂食障害についてお話しようと思います。   ここから先は、読んでいただく前にこちらご一読ください。 ★い …